東京都や神奈川県、千葉県など関東圏のイベント・出来事・これからのことなどを取り上げ、紹介し、情報を提供

MY FIRST STORYが10月18日に東京・チームスマイル・豊洲PITにてフリーライブ「『S・S・S』Release Party -Special ONEMAN SHOW-」を開催

この公演は彼らが10月17日に最新アルバム「S・S・S」をリリースしたことを記念して行われた。4人はアルバムの1曲目を飾るインストゥルナンバー「S・S・S」をSEにゆっくりステージに登場すると、Kid’z(Dr)の繰り出す疾走感あふれるビートに乗せた「WINNER」でライブの口火を切った。Hiro(Vo)による「遊ぼうぜ、豊洲PIT」との言葉を合図に、さらに彼らは「ALONE」「Missing You」とライブ人気曲を連投。Hiro、Teru(G)、Nob(B)の3人はステージ上を動き回り、ダイナミックなパフォーマンスで場内のボルテージを引き上げていった。

MCではHiroが海外旅行に出かけた話や、Nobの誕生日にまつわるメンバーのエピソードなどを、楽屋にいるかのような雰囲気で和やかに繰り広げる彼ら。しかしひとたびライブを再開させるとNobによるベースソロから始まる「LET IT DIE」や、Teruによるスリリングなギターソロが印象的な「M.A.D」、ダンサブルなサウンドでオーディエンスを踊らせた「ACCIDENT」などアルバムの収録曲をアグレッシブに披露していく。その一方で既発曲からは「lonely」「この世界で一番の幸せ者にはする事など出来ないかもしれないけど…」といったミディアムチューンが選ばれ、バンドは緩急付けたセットリストでファンを引き込んでいった。

後半に向けてはバンドの演奏にも一層熱がこもる。Hiroが「とても大切な曲」だと話した「With You」ではエモーショナルな歌声でファンの胸を打った。ラストナンバー「不可逆リプレイス」ではイントロや間奏でHiroが「ありがとう」「これからも一緒に歩いて行こう」と言葉を重ねる。サビでは会場には盛大な合唱が広がり、Hiroは「お前ら愛してるよ!」とうれしそうに声を上げた。最後にHiroが肉声で「正直このバンドでどこまで行けるかわかりません。(目標にしている)東京ドームに行けるかもわかりません。でも信じてます。本当に行けるって。とりあえず本気でやるんで、応援よろしくお願いします!」と固い決意を口にし、大歓声に包まれる中、4人はライブを締めくくった。

なおMY FIRST STORYは10月27日よりライブツアー「MY FIRST STORY S・S・S TOUR 2018」の“ホール編”を行う。

おすすめ
記事がありません