東京都や神奈川県、千葉県など関東圏のイベント・出来事・これからのことなどを取り上げ、紹介し、情報を提供

東京で舞妓さんに会えるプレミアム撮影会を東京国立博物館で開催! ――京文化の魅力にふれる、9月17日・18 日の2日間限定企画――

“感動を具現化し届ける”ことをミッションに掲げる京都フラワーツーリズムが京都で毎月開催している人気の撮影会を、このたび東京でも実施します。 撮影会場は、重要文化財である本館や表慶館などの名建築が建ち並び、数多くの国宝や重要文化財を収蔵する東京国立博物館。 日本が世界に誇る文化や歴史を感じられる、2日間限りの撮影会です。

シェアリングエコノミー時代に合った観光事業を広く手掛けている京都フラワーツーリズム合同会社(本社:京都府京都市)は、9 月17日(月・祝)と18 日(火)の2日間、東京国立博物館(東京都台東区上野公園)で、京都の舞妓「ふく乃さん」、芸妓「とし夏菜さん」の撮影会を開催します。
東京国立博物館の歴史や文化の魅力、京文化の魅力を体感し、世界へ日本文化の魅力を発信する貴重な機会です。

▼「2018年9月17~18日 東京で舞妓さんに会えるプレミアム撮影会」情報ページhttp://55maiko.net/openmatomeview/?q=15331337038351
■世界中が憧れる舞妓さんの撮影会、写真はネットで全世界へ発信
日本随一の観光地である京都の2017年の観光客数は約8687万人にものぼります。外国人宿泊客数も約361万人と5年連続で過去最高を更新するなど、世界的にも人気のスポットと言えます。
観光客の目当てのひとつに、舞妓さんに会うことが挙げられています。しかし、お座敷遊びは「一見さんお断り」という敷居の高さや「高額な料金」というイメージもあり、実際に舞妓さんと間近に接する機会はなかなか持てないのが実情です。

京都フラワーツーリズムは、そんな舞妓さんと出会える場を提供したいという想いから、毎月、京都で舞妓さん撮影会を開催しています。注目度は高く、関東、東北、北海道、海外など遠方からの参加者も多いことから、今回その感謝も込めて東京で撮影会を開催することにいたしました。
日本が誇る京都の花街文化の魅力を、東京で思う存分体感していただける貴重な機会です。撮影会で撮影された作品は、モデルを務める舞妓の「ふく乃さん」と芸妓の「とし夏菜さん」自身がチェックし、撮影者の著作権・舞妓さんの肖像権を保護するライセンス 「CC BY-SA」* の条件のもとに、ネットで無料公開いたします。
また、公開された写真を元に、Instagram、ブログ、WEB、Facebook、Twitter、スマホアプリ、YouTubeなどを利用して広く世界中に発信します。

【開催内容】
撮影会の概要は下記のとおりです。日によって、時間帯やテーマ、撮影できるエリアが異なります。
●概要
9月17日(月・祝)14:00~和文化を中心に
・1部/撮影エリア:茶室(九条館、応挙館、六窓庵、転合庵、春草盧)と庭園
・夕食/応挙館(丸山応挙の障壁画を再現した空間)にて(費用別途、1部と2部両方への参加の方のみ対象)
・2部/撮影エリア:庭園と茶室(九条館、応挙館)
9月18日(火)10:30~洋・石造り建築文化を中心に
・1部/撮影エリア:本館(重要文化財)、表慶館(重要文化財)、黒門(重要文化財)など
・昼食/「九条館」(狩野派による楼閣山水図が描かれた床張付や襖の空間)にて(費用別途、1部と2部両方への参加の方のみ対象)
・2部/撮影エリア:全エリア(茶室、庭園、表慶館など皆様の希望をお聞きして決定)
※受付は応挙館で、各部の30分前から開始します。
※撮影時間は18 日 2 部の撮影会のみ 2 時間 30 分、その他の各部は 2 時間を予定しています。
※撮影会終了後には、サイン会をおこないます。サインは、写真集『舞妓 ふく乃 京めぐり 十五景』のみに限定させていただきます。