東京都や神奈川県、千葉県など関東圏のイベント・出来事・これからのことなどを取り上げ、紹介し、情報を提供

~日本最大級の日本文化お祭りイベント~江戸の町民文化の雰囲気を味わいつくす、エンタテインメントプレイスが上野恩賜公園に出現!

東京江戸ウィーク実行委員会(東京都台東区 実行委員長:橋本 芽空/はしもと がく)は、和装を楽しみながら、日本の伝統工芸をはじめとする日本文化を観て、触って、学び、参加できる体感型イベントとして「東京江戸ウィーク 2018」(以降、東京江戸ウィーク)を開催します。今年で3回目を迎える本イベントは、和装を推奨し、盆踊りあり、縁日あり、江戸のファーストフードありと、お子様から外国人観光客まで、幅広い層の方々が1日中楽しむことのできる、ジャパンカルチャー&エンタテインメントプレイスです。本年も多くの方が和装(浴衣や着物)で上野公園を訪れ、江戸の空気を感じ、町民文化の雰囲気を味わいつくせるよう、様々なコンテンツをご提供いたします。今年で3回目となる『東京江戸ウィーク』2018年7月26日(木)~7月29日(日)にて開催。

東京江戸ウィークのオープニングイベントとして、2018年7月26日(木)15時15分からは、花魁道中(おいらんどうちゅう)を実施し、江戸ウィークの開幕を華やかに演出いたします。栃木県日光市にある江戸時代を再現した歴史テーマパーク「江戸ワンダ―ランド日光江戸村」とのコラボレーションにより実現。東京江戸ウィークのエリア内と櫓(やぐら)のまわりを練り歩き、花魁が艶やかに4日間の東京江戸ウィークの盛況を願って開幕宣言を発します。開会式を執り行う櫓ステージでは、連日、着物ファッションショーなど様々なパフォーマンスが繰り広げられます。ステージタイムスケジュールにも注目ください(詳細はオフィシャルサイトにて公開)。

<概要>
日程:2018年7月26日(木)
会場:東京江戸ウィーク2018 櫓(やぐら)ステージ (上野恩賜公園 噴水前広場)
時間:15:15〜15:45(予定)
※記者発表会の実施を予定(メディア受付については info@edoweek.com まで)
協力:江戸ワンダーランド日光江戸村
※当日事情により欠席の場合はご了承ください

現代人の娯楽のひとつ「映画鑑賞」。そして、江戸町民の楽しみのひとつ「寄席」(よせ)。現代では映画も演芸も常設施設で観ることができるが、かつての寄席は寺社の境内で開かれていました。東京江戸ウィークでは、その頃の雰囲気を再現すべく、最古の日本映画会社「日活」のご協力を得て、映画と寄席のコラボレーションイベントを実施します。今回は、映画ファンの心を揺さぶる名作を世に多く排出し、若くしてこの世を去った「川島雄三」監督の生誕100周年記念イベントのひとつとして、日本映画黄金期の傑作映画『幕末太陽傳 デジタル修復版』の野外上映会を開催。さらに、全国無料放送「BS12トゥエルビ」の落語番組『ミッドナイト寄席』とコラボレーションし、若手人気落語家と浪曲師による公開収録をおこないます。

<概要>
日程:2018年7月28日(土)
会場:東京江戸ウィーク2018 やぐらステージ (上野恩賜公園 噴水前広場)
時間:18:00〜19:00 『ミッドナイト寄席』BS12トゥエルビ公開収録
19:00〜20:00『幕末太陽傳 デジタル修復版』
※入場無料
『ミッドナイト寄席』
出演:春風亭昇々、玉川太福、笑福亭茶光
『幕末太陽傳 デジタル修復版』(1957年/110分)
監督:川島雄三 脚本:川島雄三 田中啓一 今村昌平
出演:フランキー堺 南田洋子 左幸子 石原裕次郎 芦川いづみ

日程:2018年7月26日(木)~7月29日(日)

会場:上野恩賜公園噴水前広場

時間:10:00~21:00 ※「お買い物横丁」のみ毎日19:00まで/最終日は19:00全体閉会予定

オフィシャルサイト: https://edoweek.com/

おすすめ
記事がありません