東京都や神奈川県、千葉県など関東圏のイベント・出来事・これからのことなどを取り上げ、紹介し、情報を提供

インバウンド需要に対応し、ベジタリアンメニューを強化  業界に先駆け、館内のレストランおよび宴会にて7/2~提供

ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル(横浜市西区みなとみらい1-1-1/総支配人:本城 明)では、高まるインバウンド需要の増加に対応する新たな取り組みとして、ベジタリアンメニューを強化、7月2日より販売を開始いたします。

増加著しいアジア圏(特に台湾と香港)からの訪日観光客のなかでも、現在、実に約100万人が「ベジタリアン」だといわれます。また、米国では「ビーガン(完全菜食主義者)」人口がここ数年で6倍になるなど、そのマーケットは世界的な広がりを見せています。ベジタリアン市場が年々拡大する一方で、国内においてはベジタリアン対策が進んでいないのが現状です。当ホテルは横浜国際平和会議場に隣接することなどもあり、これまで多くの外国人ゲストの滞在を受け入れて参りました。そのため、ベジタリアンニーズへの対応実績は多々ありながら、それは個々のリクエストへの対応でした。

このたび、約8億円市場といわれるベジタリアンのニーズ、さらには食の多様化にいち早く対応するため、業界内のどこよりも先駆けて、館内すべてのレストランおよび宴会にオンメニューすることといたしました。ラグビーワールドカップや東京オリンピック・パラリンピックをはじめ、高まるインバウンド需要、さらにはその先を見据えた新しい「食」の試みは、健康志向・ヘルシー志向の方にもご満足いただける内容になりました。

(1) 国内ラグジュアリーホテルとして、先駆けの試み
館内全レストラン(中国料理、フランス料理、イタリア料理、ブッフェ・ダイニング)とルームサービス、宴会で、しかも通年でオンメニューするのは、他ではない新しい取り組みです。

(2) ベジタリアンの中でも、2種に対応
10種以上あるといわれるベジタリアンの中でも、“オリエンタル ビーガン”、“オリエンタル ベジタリアン”をご提供いたします(ベジタリアンについての比較は【参考資料】を参照ください)。

(3) 今までにない“美味しくて、美しい”唯一無二のメニュー
野菜や大豆のみとは思えない本格的な味を、ホテルシェフが考案しました。「味気ない」「満足感がない」「見た目がいまひとつ」といった、今までのベジタリアンメニューの常識を覆す見た目にも美しいメニューです。

提供開始:2018年7月2日(月)~通年メニューにて提供
(内容は季節ごとに変わります)
提供場所:中国料理「カリュウ」/フランス料理「アジュール」/
イタリア料理「ラ ヴェラ」
ブッフェ・ダイニング「オーシャンテラス」
インルームダイニング(ルームサービス)および、宴会場
料金(税・サービス料込み):ディナーコースのみ
オリエンタル ビーガン 5,940円
オリエンタル ベジタリアン 7,722円
※「オーシャンテラス」(ア・ラ・カルト)、インルームダイニング、宴会は料金が異なります。

【ベジタリアン向け宿泊プラン】
ベジタリアンメニュー提供にあわせ、宿泊プランもご用意いたしました。
予約開始 :2018年6月11日(月)~
プラン実施:2018年7月2日(月)~通年
料金   :1室 33,000円~(1室2名利用時)
プラン内容:1泊2食付き
≪ご夕食≫ベジタリアンコース(ビーガンワイン1杯付き)
レストランは以下よりお選びいただけます。
中国料理「カリュウ」、フランス料理「アジュール」、
イタリア料理「ラ ヴェラ」、ルームサービス
≪ご朝食≫ブッフェ・ダイニング「オーシャンテラス」
(ブレックファストブッフェ、特製スムージー付き)
※各料金は、税・サービス料込みです

ホームページ : http://www.interconti.co.jp/yokohama/

おすすめ
記事がありません