東京都や神奈川県、千葉県など関東圏のイベント・出来事・これからのことなどを取り上げ、紹介し、情報を提供

「布の彫刻」と称される作品を創り出す、日本が世界に誇る人形作家・与 勇輝氏。パリ凱旋・傘寿記念の展覧会を横浜高島屋にて5月18日(金)から28日(月)まで開催。

与氏が創り出す人形たちは布の彫刻と称され、日本の郷愁や温かさを表現し、子供の明るい声や風や音、自然の匂いまで感じさせてくれる生き生きとした造形が特徴。昨年傘寿を迎え、今年の2月にその記念の展覧会をパリで開催して大きな話題に。本展は半世紀にわたる人形創作の軌跡を紹介する約150点を一堂に展観。

用いられる布の大半が木綿。
布選びを大切にし、たとえ1センチ四方のものであってもイメージに合うものが見つかるまで探す。
納得がいくまで何度も自宅で染め直すことも。
シンデレラやピーターパンなど海外の物語を題材にした初期の作品から日本の郷愁をテーマにした代表作、そして現代を生きる子供達への讃歌など新作70点を含む、約150点を一堂に展観。

1体につき約3~4週間費やし、年間10体ほどを生み出す。
着物やスカートはもちろん、帽子やわらじなどの小物から、花や葉まですべて自身が製作。
半世紀にわたる創作活動の軌跡をたどる傘寿記念展。
与 勇輝ワールドをあますところなくご紹介いたします。

パリ凱旋・傘寿記念
与 勇輝展  創作人形の軌跡

開催場所:横浜高島屋ギャラリー<8階>
開催期間:5月18日(金)から5月28日(月)まで
ご入場時間:午前10時から午後7時30分まで(午後8時閉場)
※5月28日(月)は午後5時30分まで(午後6時閉場)
入場料(税込):一般800円、大学・高校生600円、中学生以下無料
主催:与勇輝展実行委員会
協力:河口湖ミューズ館・与勇輝館
企画:彩鳳堂画廊

コメントを残す

おすすめ
記事がありません