東京都や神奈川県、千葉県など関東圏のイベント・出来事・これからのことなどを取り上げ、紹介し、情報を提供

東京タワー「特別展望台」が「トップデッキ」としてリニューアル! 「トップデッキツアー」平成30年3月3日(土)グランドオープン! 13言語対応でおもてなし 東京の街と東京タワーを知る事前予約制の体験型展望ツアーが誕生! オープン初日はツアー参加者全員に記念品をプレゼント

東京タワー(日本電波塔株式会社/東京都港区芝公園、代表取締役:前田 伸)は、リニューアル工事のため、休業しておりました特別展望台(高さ250m)を、新たに「トップデッキ」としてリニューアルし、事前予約制・ツアー形式でご案内する新アトラクション「トップデッキツアー」として平成30年3月3日(土)にグランドオープンいたします。

2018年12月に開業60周年を迎える東京タワーは、平成28年10月から特別展望台の大改修を推進してまいりました。このたび大改修が完了し※1、特別展望台(高さ250m)の名称を「トップデッキ」、大展望台(高さ150m)を「メインデッキ」に変更し、日々進化する東京の街並みと、東京タワーの過去・現在・未来を知ることができる体験型展望ツアー「トップデッキツアー」をスタートします。年中無休の事前予約・日時指定制で、1階から高さ250mのトップデッキまで、アテンダントによる接客、ドリンクサービス、13言語対応の音声ガイドシステムなど、多くのおもてなし要素を盛り込み、国内外からお越しのゲストの皆さまに、上質な居心地と素晴らしい思い出をお届けいたします。3月3日(土)以降、「トップデッキ」に上がることができるのはツアーに参加するお客さまだけとなり、通常のメインデッキ入場※2とは異なるプレミアムな体験が可能です。また、グランドオープン特典として、3月3日(土)のオープン初日限定で、ツアー参加者全員に記念品をプレゼントいたします。

今回のリニューアルでは、トップデッキツアーの専用レーンや、メインデッキからトップデッキまでを結ぶエレベーターなど、ハード面の新設や内装のリニューアルを行い、さらに、事前予約システムによる待ち時間のないご案内、13言語対応のガイドシステムおよび景観案内を導入するなど、ソフト面も一新し、国内はもちろん世界各国から東京タワーを訪れるゲストの皆さまへの〝ホスピタリティー″をより一層強化した体験型展望ツアー「トップデッキツアー」を完成させました。初年度集客目標は約46万人(1日平均1,260人)です。

■「トップデッキツアー」の流れとおもてなしのポイント
①【新設】1階「トップデッキレーン」で受付
新設されたフットタウン1階の「トップデッキレーン」がツアーの入口です。予約時に発行されるQRコードを係員にご提示いただきます。小学生以上のお客さまには、13言語対応の音声ガイドをお貸し出しします。

②まずは「メインデッキ」 (150m) へ
ツアー参加のお客さまは、最初に高さ150mのメインデッキ(大展望台)へご案内し、その後、参加者専用の「トップデッキゲート」へお進みいただきます。ゲートの先には、トップデッキツアー参加者のみ体験することができる世界が広がります。

③【新設】「トップデッキゲート」にはタワーギャラリーとシークレットライブラリー
メインデッキ2階に新設された、ツアー参加者がトップデッキに向かうための専用ゲートです。トップデッキゲート内には、トップゲートツアー参加者だけが見学できる、東京タワーの建設風景や歴史、東京タワーが60年間にわたり見つめてきた東京の街並みの移り変わりなど《過去の東京》を紹介する「タワーギャラリー」、対外的には非公開となる「シークレットライブラリー」が新たに登場します。

④【新設】「プラットフォーム」では香りの演出とドリンクサービスでおもてなし
トップデッキ行き専用エレベーターの搭乗口であり、ツアー参加者をささやかなおもてなしでお迎えするくつろぎの空間です。《現代の東京》をイメージしたシックな空間に仕上げ、世界的パフューマー(調香師)のクリストフ・ラウダミエル氏による香りの演出とともに、東京湾や横浜方面を一望できる眺望を楽しみながら、トップデッキに向かう専用エレベーターをお待ちいただきます。ツアー参加者全員にドリンクをサービスするほか、グループごとのフォトカード撮影サービス※3をご用意しています。

⑤【新設】トップデッキエレベーターで上空250mまで一気に昇る浮遊感を
プラットフォームからトップデッキに向かう「トップデッキエレベーター」は今回のリニューアルの目玉の1つです。エレベーターの2方をガラス貼りにし、昼間は皇居・丸の内方面から六本木・新宿方面に広がる景観、夜は美しく輝く東京の夜景を、東京タワーの鉄骨越しに眺めながら、東京上空250mまで一気に昇っていく浮遊感をお楽しみいただけます。

⑥【新設】輝きの「トップデッキ」、景色を心行くまで…
大きくなったガラス窓が浮遊感を増大させるエレベーターで到着するのは「トップデッキ」。ここは過去から未来へ続いたトップデッキツアーのクライマックス。ジオメトリックミラーとLED照明が、都市風景に埋没するような雰囲気を演出します。内装デザインは、建築・インテリアデザイン・空間アートの分野で活躍するアーティストのKAZ SHIRANE(カズ・シラネ)氏が担当しました。コンセプトは“ゲストと一緒に創る展望台”と“東京の未来を映し出す鏡”。展望台の内部は、形や大きさの違う(複数の)三角形や四角形の鏡を組み合わせて幾何学模様に仕上げたジオメトリックミラーとLED照明による室内演出を施しました。ジオメトリックミラーに映りこむ東京の街並みは、毎日少しずつ変化しています。訪れるたびに、進化し続ける《未来の東京》を体感することができます。

【催事名称】「トップデッキツアー」
※年中無休。
※トップデッキ付近が風速20m以上の強風や積雪などに見舞われるなど荒天時や、安全確認のための設備点検時など、やむを得ずツアーを中止する場合があります。

【ツアー開始日】平成30年3月3日(土)

【予約時間】9:00~22:15
※15分おきの予約が可能
※22:45までトップデッキの見学可能。

【ツアー料金】
大人(高校生以上) 2,800円
子供(小・中学生) 1,800円
幼児(4歳以上)   1,200円
※料金は税込。
※料金には、トップデッキ(高さ250m)、メインデッキ(高さ150m)への入場、付随サービスが含まれています。
※団体割引(20名以上)、障がい者割引あり。

【所要時間】約30分以上(トップデッキおよびメインデッキ見学時間の制限なし)

【参加方法】事前予約、日時指定制

【予約方法】予約専用サイト(https://tdt.tokyotower.co.jp)から申し込み
※参加希望日の60日前から予約・購入が可能。
※お支払いはクレジット決済のみ。
※電話での予約は受け付けておりません。
※ツアー開始の3月3日(土)以降は、東京タワーフットタウン1階チケットカウンターに限り、現金による予約・購入が可能。(予約枠に空きがある場合は、当日券も販売)

おすすめ