「三井ショッピングパーク ラゾーナ川崎プラザ」開業以来2度目の大規模リニューアル/新規・改装103店舗が決定!3月20日(火)より順次オープン

コミュニケーションロボットの設置など最新技術の実証実験実施!お子さまにやさしいスペースも新設

三井不動産株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長:菰田正信)は、「三井ショッピングパーク ラゾーナ川崎プラザ」(所在:川崎市幸区)の2012年以来2度目となる大規模リニューアルについて、2018年3月20日(火)より新規・改装103店舗を順次オープンすることを決定しました。リニューアルに際し、お子さまにやさしいスペースを新設する他、コミュニケーションロボットとスマートトイレシステムの実証実験を開始します。

近年、川崎市では年々人口が増加しており、それに伴い駅周辺の再開発が進んでいます。2018年2月17日(土)には、JR川崎駅の北口通路・北改札が新設・供用開始され、駅自体が大きく生まれ変わります。当社は、北口西バス乗り場及び北口通路(西側延伸部デッキ)のネーミングライツパートナー企業となるほか、北改札とラゾーナ川崎プラザをデッキで接続するなど、川崎市と連携しお客さまの利便性強化を図っていきます。
こうした駅周辺の大きな変化に合わせ、これまで以上にお客さまのニーズに応える施設を目指し、ラゾーナ川崎プラザは開業以来2度目の大規模リニューアルを実施します。

【リニューアルのポイント】
日本一のショッピングセンターを目指し“より快適で、くつろげる場所”へ

(1)神奈川県初出店など、103店舗が新規・改装オープン
(2)コミュニケーションロボット/スマートトイレシステムの実証実験を実施
(3)「Mitsui Shopping Park &mall(アンドモール)」コンセプトショップが期間限定で登場!!
(4)「ママwithラゾーナ」プロジェクト開始!お子さまにやさしいスペース2箇所と
ベビー休憩室の新設
(5)館内ファニチャーの一新と従業員休憩所の拡充で、より過ごしやすく働きやすい施設へ
(6)駅前広場「ルーファ広場」に人工芝を敷設し、集い・憩いの空間へ
本リニューアルにより、ラゾーナ川崎プラザは「経年優化」(時を更に経るにつれて成熟し、更に価値を高めていく)の思想のもと、日本一のショッピングセンターを目指して“より快適で、くつろげる場所”になります。今後もラゾーナ川崎プラザは進化し続けることで、街の発展に貢献してまいります。
更に、2018年秋にも1階食物販ゾーン 「グラン・フード」の全面リニューアルを予定しています。
サービス名称: Mitsui Shopping Park &mall(アンドモール)
サイトU R L : https://mitsui-shopping-park.com/ec/