東京都や神奈川県、千葉県など関東圏のイベント・出来事・これからのことなどを取り上げ、紹介し、情報を提供

開館以来初!エミール・ガレの名品130点が箱根に集結ガラスの中に閉じ込められた「神秘の森」と「驚異の海」

ポーラ美術館(神奈川県・箱根町)は、2018年3月17日(土)~7月16日(月・祝)に、開館以来初となる、エミール・ガレ(1846-1904)の展覧会「エミール・ガレ 自然の蒐集」を開催いたします。

ガレは、ガラス工芸の分野におけるフランスのアール・ヌーヴォーの旗手として知られており、植物学、生物学、そして鉱物学といった博物学的な知識を駆使して作品の製作に取り組みました。
ガレの工房の扉には「わが根源は、森の奥にあり」という言葉が掲げられていました。ガレにとって植物の繁茂する「森」は、インスピレーションの源であり、生命の神秘を象徴する存在として欠かせないものでした。また、ガレが関心を寄せたもう1つの自然が「海」です。ガレは、クラゲやヒトデ、タツノオトシゴなど、美術ではあまりとりあげられてこなかったモティーフに着目し、時にはグロテスクにさえ見える海の生き物をデザインとして取り入れています。
本展では、ガレの芸術を初期から晩年まで辿りながら、「森」と「海」というふたつのキーワードを通して、ガレによる自然の蒐集行為を検証します。

■展覧会概要
会期:2018年3月17日(土)~7月16日(月・祝)(会期中無休)
開館時間:9:00~17:00(最終入館は16:30)
主催:公益財団法人ポーラ美術振興財団ポーラ美術館
特別協力:東京大学総合研究博物館
所在地:〒250-0631神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285  T E L:0460-84-2111
リリースデータのダウンロードはこちら
http://www.polamuseum.or.jp/news/pressrelease/2017/2017122202/
☆展覧会公式サイトは2月中旬公開予定
■入館料(かっこ内は15名以上の団体料金)
大人 1,800円 (1,500円)
シニア割引(65歳以上)  1,600円 (1,500円)
大学・高校生 1,300円 (1,100円)
中学・小学生 700円(500円)
*料金はいずれも消費税込み *中学・小学生の入館については、土曜日は無料
*中学・小学生が授業の一環として観覧する場合、中学・小学生および引率教員等の入館は無料
おすすめ