東京都や神奈川県、千葉県など関東圏のイベント・出来事・これからのことなどを取り上げ、紹介し、情報を提供

「南極・北極展~真夏の二子玉川に氷と雪の世界がやってきた!~」暑い夏の二子玉川に寒~い極地世界が出現【玉川高島屋S・C】

昭和基地開設60周年記念
観測隊の奮闘の軌跡や、極地の生態・環境を学べる夏休みイベントを開催~マイナス50℃の暴風雪「ブリザード」疑似体験も~
玉川高島屋ショッピングセンター(略称:玉川高島屋S・C/所在地:東京都世田谷区)は、南極昭和基地開設60周年を記念し、極地の大自然や人々の営み等を学ぶ『南極・北極展~真夏の二子玉川に氷と雪の世界がやってきた!~』を2017年7月22日(土)より開催します。
*昭和基地とは南極にある日本の観測基地で、気象・オーロラ・大気・地球科学・生物学などの観測を行う施設です。





2017年は、南極昭和基地が開設されてから60年目となる記念イヤーです。本イベントでは、国立極地研究所の特別協力のもと、極地の厳しい自然環境や、そこで暮らす動物・民族資料を、実物大の再現展示やはく製、ロボットといった迫力あるアイテムを展示します。また、第2次南極地域観測隊(1957年)が実際に使用していたNIKON製のカメラや、OMEGA製の三針時計などの貴重な歴史史料も公開します。
展示以外にも「体験」しながら学んでいただけるコンテンツとして、マイナス50度の暴風雪「ブリザード」の擬似体験やワークショップ、スタンプラリーといった体験型コンテンツをご用意。お子さまの自由研究はもちろん、大人の方にも楽しんでいただけるアカデミックな内容となっています。
本展を通じて、南極昭和基地への知識を深めるとともに、地球温暖化のような世界規模の環境問題に関心を持つきっかけとなることを願っています。

【イベント名称】南極・北極展~真夏の二子玉川に氷と雪の世界がやってきた!~
【 会  期 】2017年7月22日(土)~8月16日(水)
【 時  間 】10:00~19:00 ※最終日は~18:00(最終入場は閉場の30分前まで)
【 会  場 】玉川高島屋S・C 西館1Fアレーナホール
【 入 場 料 】一般(中学生以上)600円/小学生以下400円/3歳未満無料
【 主  催 】玉川高島屋S・C
【 特別協力 】国立極地研究所
【 主な内容 】・南極・北極の希少な生き物のはく製展示
・極地の大自然や野生動物の記録映像
・60周年を迎えた南極昭和基地の歴史と現在の活動を紹介
・マイナス50℃の世界「南極ブリザード体験」
・ワークショップ 等

◆マイナス50℃の世界「南極ブリザード体験」
【 実施日 】8月1日(火)~13日(日)
【 時 間 】11:30~、14:00~の各日2回実施予定
【 場 所 】イベント会場内(参加費無料、先着順)
【 内 容 】
メディアでも話題のサイエンス・クリエイター北原敦ひきいる理科実験教室「アインシュタインラボ」による体験型サイエンスショー。極地の自然現象「ブリザード(暴風雪)」を液体窒素と送風マシンを用いて再現し、ブリザードに遭遇した状態を疑似体験いただけます。

おすすめ