東京都や神奈川県、千葉県など関東圏のイベント・出来事・これからのことなどを取り上げ、紹介し、情報を提供

ヒューマノイドロボット「EMIEW(エミュー)3」を活用した3カ国語での店舗案内サービス 実証実験開始!「ダイバーシティ東京 プラザ」にて2月17日(金)より実証実験開始

株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)、株式会社日立ビルシステム(取締役社長:佐藤 寛)、三井不動産株式会社(代表取締役社長 菰田 正信)の3社は、ヒューマノイドロボット「EMIEW3」の多言語対話機能と自律走行機能を活用した店舗案内サービスの実証実験を、2月17日(金)から商業施設「ダイバーシティ東京 プラザ」(東京都江東区青海)にて計16日間実施します。




本実証実験では、日立が開発したヒューマノイドロボット「EMIEW3」が、お客さまへ「ダイバーシティ東京 プラザ」の店舗や商品メニューなどの情報案内、目的地への案内を、フードコートや館内にて行います。増加するインバウンドのお客さまへも対応できるよう、本実証実験での対応言語は英語・中国語・日本語です。
3社はこの実証実験を通して、商業施設を訪れる多様なお客さまの店舗選び・商品選びのサポートを行い、接客・案内サービスの向上をめざします。

■「ダイバーシティ東京 プラザ」での実証実験内容
<ステップ1>
期間:2017年2月17日(金)~2月24日(金)
11:00~13:00 16:00~18:00 (予定)*1
場所:2階 フードコート付近
実験内容:「EMIEW3」は店舗案内表示前に立ち止まったお客さまを迎え、英語、中国語、日本語の3カ国語で応対します。お客さまの問いかけに対し、案内情報ディスプレイと連携し、ディスプレイに表示された店舗位置や、概要・メニューなどの紹介を行ないます。

<ステップ2>
期間:2017年4月14日(金)~4月21日(金)(予定)
11:00~13:00 16:00~18:00 (予定)*1
場所:3階 総合案内所付近(予定)
実験内容:お客様との対話に応じて、「EMIEW3」がフロア内を走行し、特定の目的地まで案内します。ステップ1での実証実験の結果・評価にもとづき、内容・場所を検討します。

*1:時間は変更になる可能性があります。最新情報は「ダイバーシティ東京 プラザ」ホームページ(http://www.divercity-tokyo.com/)にてご確認ください。

おすすめ