第45回東京モーターショー2017に 「運転しながら エクササイズ」できるシートを出展  エクサライドシートの機能を紹介 ~ ほか、有人宇宙船 乗員安全評価法についての取組みを公開 ~

テイ・エス テック株式会社(本社:埼玉県朝霞市、代表取締役社長:井上 満夫、以下 TSテック)は、2017年10月27日(金)から11月5日(日)まで、東京ビッグサイトで開催される第45回東京モーターショー2017に出展する「運転しながら エクササイズ」できるシートなどの展示内容を公開いたします。

テイ・エス テック株式会社(本社:埼玉県朝霞市、代表取締役社長:井上 満夫、以下 TSテック)は、2017年10月27日(金)から11月5日(日)まで、東京ビッグサイトで開催される第45回東京モーターショー2017に出展する「運転しながら エクササイズ」できるシートなどの展示内容を公開いたします。

【エクササイズ機能紹介】

このシートの座面部には、上体の振れは少なく、骨盤を効果的に動かす装置が内蔵されており、身体の深部にあるインナーマッスル(主に腹横筋)を刺激して体幹運動を促します。この動作は、運転状況に応じた以下の2つのモードで制御します。
(1) アイドリングストップ時などの停車時…動作の大きい「ツイストモード」
(2) 高速道路などの安定走行時…運転に支障のない動作の小さい「スイングモード」
これらの運動は、運動強度レベル3に相当し、TSテックが想定した運転状況下においては、65kgの成人男性の場合、30分の運転で約100kcalの消費を確認しました。自動運転時代が到来した際には、車両側からの走行状況信号等を受け取ることで、さらなる運動の機会を増やすことが可能です。
今回の展示では、一般的な道路状況を模したドライブシミュレータにて、機能をご体感いただけます。

■有人宇宙船の乗員安全評価法についての取組みを紹介

TSテックは、東京大学・宇宙航空研究開発機構(JAXA)との社会連携講座において、安全評価技術の開発を目的とした研究に取り組んでいます。

その要旨は、「有人宇宙ミッションにおける宇宙飛行士の更なる安全性の向上」、「数値シミュレーションによる定量的安全性評価法(QSA)を獲得」、「宇宙船シートの安全設計を行い、設計知見を広げる」の3点で、東京大学、JAXAのほか、日本自動車研究所(JARI)、名古屋大学とTSテックが参画しています。

今回の東京モーターショーでは、この研究から得られた有人宇宙船における乗員安全評価法と、その基礎となる物理モデルをベースとしたシートコンセプトを参考出品いたします。

URL   : http://www.tstech.co.jp/

東京

Posted by 管理