東京都や神奈川県、千葉県など関東圏のイベント・出来事・これからのことなどを取り上げ、紹介し、情報を提供

ルミネのアートアワード「LUMINE meets ART AWARD 2016」 グランプリは織 晴美さんの「I am Here @ Lumine」

受賞6作品は、2017年1月よりルミネ館内にて展示スタート!

株式会社ルミネ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:新井良亮)は、ルミネ館内に展示するアート作品を広く一般から公募し、若手アーティストの発掘と支援を目指すアートアワード「LUMINE meets ART AWARD 2016(略称「LMAA」)」のグランプリ1点を含む計6点の受賞作品を決定しました。

715_400_2016101113320157fc6b41940c5



応募総数480点の作品の中から、グランプリ(1名)に織 晴美さんの「I am Here @ Lumine (アイ アム ヒア アット ルミネ)」(ウィンドウ部門)、準グランプリ(1名)に住田 衣里さんの「Hunters (ハンターズ)」(インスタレーション部門)、ルミネ賞(1名)にakatin (アカチン)さんの「でぃすこ」(ウィンドウ部門)、入賞(3名)に照屋美優さんの「Imaginary Landscape (イマジナリー ランドスケープ)」(エレベーター部門)、安藤 充さんの「Algorithmic SANSUI (アルゴリズミック サンスイ)」(エレベーター部門)、持田 寛太さんの「飯循環(メシジュンカン)」(映像部門)の全6点を10月10日(月・祝)に実施した最終審査にて選出し、東京・代々木の「代々木VILLAGE」にて授賞式を行いました。

715_400_2016101113320157fc6b419a654
受賞者には賞金を授与するとともに、受賞6作品および審査員兼ゲストアーティスト「TYMOTE」による映像作品は、お客さまにも作品に触れていただき、楽しんでいただけるよう2017年1月10日(火)~2月1日(水)までの間、ルミネ新宿のエレベーターやウィンドウ、新宿駅南口やルミネエスト新宿のデジタルサイネージなどルミネ館内に展示する予定です。

本アートアワード「LMAA」では、入選作品を選ぶ審査員に、現代アートの第一線で活躍するギャラリスト小山 登美夫氏や、ルミネのシーズンビジュアルなどを手がけるコピーライター・クリエイティブディレクターの尾形 真理子氏など、国内外のアート・デザインシーンで活躍する方々を起用しています。今回は2016年7月1日(金)から2016年8月15日(月)までの期間に広く作品を公募していました。

ルミネは、「LMAA」の実施を通し、若手アーティストの発掘・支援を目指すとともに、アートを通じ、お客さまにいつものルミネでちょっとした感動や非日常を感じていただけるような“いつものルミネ+α”を提供してまいります。

※詳細については、「LUMINE meets ART AWARD 2016」公式ウェブサイトをご覧ください。
http://www.lumine.ne.jp/lma/award

おすすめ