東京都や神奈川県、千葉県など関東圏のイベント・出来事・これからのことなどを取り上げ、紹介し、情報を提供
d]AtBGCg

静岡抹茶スイーツファクトリー『ななや』が お客様の声にお応えし東京初の直営店オープン 濃厚抹茶ブームを生んだ超プレミアム抹茶ジェラート “ありえないほど濃い!”プレミアムNo.7が青山で食べられる!

藤枝産抹茶を使用した菓子製造を行う「ななや」を運営する丸七製茶株式会社(所在地:静岡県藤枝市、代表取締役社長:鈴木 成彦)は、浅草 壽々喜園とのコラボショップではお客様の行列に対応しきれない日もあるため、スイーツ激戦区表参道、青山エリアで濃厚なプレミアム抹茶ジェラートを販売する東京初の直営店を8月19日(金)にオープンいたします。また、人気ナンバー2の抹茶大福を静岡の直営店以外で初めて販売します。

LL_img_109461_1



■最高級グレードの抹茶を使用した、まさにスーパーリッチ抹茶ジェラート
抹茶の濃さをNo.1~No.7まで7段階で楽しめる今までにない品揃えで人気をいただいている抹茶ジェラートを販売する東京初の直営店舗を出店します。

当社は、現在の濃厚抹茶スイーツの先駆けとして“ありえないほど濃い抹茶ジェラート”を最高品質の抹茶で2010年に商品化しました。その最高水準の抹茶の風味を一度食べてみたいという方が発売以来毎年50%以上増加し続け、現在では全国各地からお越しいただき、行列ができるほど好評をいただいております。
その味はまさにジェラートの域を越え、抹茶の塊を食べているようで“ヤバイ!”“超抹茶!”と言われ、その濃さにハマるリピーターの方も大勢いらっしゃいます。また、日本ジェラート協会主催の日本ジェラートコンテストにおいて準優勝し、品質評価においては最高の評価をいただきました。何度も機械を壊すほどの製造時の苦難を乗り越えて商品化し、テレビ取材でも公開したことがない秘密の技で現在も更なる品質向上を追求し続けています。

■TEA&SPOON ななや 青山店のご紹介
オープン日:2016年8月19日(金) 11:00~ グランドオープン
※2016年8月10日(水) 11:00~ プレオープン
所在地  :東京都渋谷区渋谷2-7-12-1F
電話   :03-6427-9008

世界一濃い抹茶ジェラートプレミアムNo.7が食べられる東京初の直営店となります(※浅草 壽々喜園とのコラボショップを除く)。店内ではその他にも抹茶大福、抹茶クッキー、抹茶チョコなど様々な上質な藤枝抹茶をふんだんに使ったスイーツや静岡工場直送の日本茶などがございます。
渋2と呼ばれる表参道・青山エリアのなかでは落ち着いた地区の路地裏に出店することで気軽な雰囲気の地で様々な若手デザイナー、アーティストの協力により店舗デザインを行いました。今後徐々に青山の地から新しい日本茶のカタチに挑戦し発信して参ります。

■新時代の抹茶を訴求
茶道が戦国時代に多くの武将を魅了し、千利休を代表とする“茶の湯”に関わる人達が様々な日本の芸術、文化に影響を与えてきました。こうした背景に抹茶のもたらす効能にカフェインが脳を刺激し興奮状態をもたらすとともに、催眠効果もあると言われるテアニンが豊富に含まれ、このふたつの成分がバランス良く含まれていることで非常にリラックスした状態で脳が活性化し、α波が出る状態を生み出すことが影響したものと当社では考えております。
こうした効果が学習能力を高めることも認められており、未来の日本を作る子供たちに少しでも良い成果が生まれることを期待し、藤枝本店では創業時地元の小学生を対象にした絵画コンクールを毎年行ってきました。この度、様々な芸術・文化面で活躍を期待される人達とのコラボにより青山の地で東京初の直営店をオープンさせました。今後は様々な文化の発信地としての青山の地から「ななや」として当社の抹茶が持つ魅力を上質で濃厚な抹茶商品を通じて発信して参ります。
様々な創作活動を行う人達が多いこのエリアで私たちが作る上質な抹茶を、今の時代にマッチしたジェラートやチョコレートなどの形で提供し、裏方として日本のクリエイティブシーンに少しでも貢献できればと思っています。

ななや: http://nanaya-matcha.com/
■「ななや」の藤枝産静岡抹茶
昨今小規模ながら輸出好調な日本茶ですが、昭和50年頃をピークに国内市場は衰退を続け、現在では日本茶飲料市場の規模拡大とは裏腹に伝統的な茶葉市場は衰退を続けています。特に山間地農業は著しく、こうした事態を救うために当社と地元農家が共同して1988年に静岡で初めて抹茶を作り始めました。他社にない100%契約栽培で始めた抹茶作りは何度も苦難を乗り越え、伝統だけでなく様々な最新技術を導入し新しい抹茶作りを進めてきました。また、新たな抹茶の魅力を伝えるために2010年7月7日に“抹茶スイーツファクトリー『ななや』”をオープンし、お茶屋の視点で作る自家製スイーツの販売を行っています。自らスイーツを作ることで初めて分かる経験を生かし、お茶の風味を土づくりから栽培技術、製造工程も見直し、地元の名産品であるお茶を“飲む”だけでなく“食べる”ための美味しいお茶作りを進めています。

現在、国内だけでなく米国、欧州、アジアなど世界各地に対象国別の栽培方法を確立し、各国の嗜好にも合わせ、また、コーシャやハラル認証もいち早く取得し、抹茶の輸出を行っています。
2015年3月には日本で初めてレインフォレストアライアンス認証(米国ニューヨーク本部)を取得し、その栽培方法が地域社会や環境へ配慮した農産物であることが認められました。

おすすめ