東京都や神奈川県、千葉県など関東圏のイベント・出来事・これからのことなどを取り上げ、紹介し、情報を提供

会議・接待弁当として呼び声高し。東京ミッドタウン内 名店の世界観がまるごと味わえる 山下春幸プロデュース「HAL YAMASHITA東京」(お弁当店)に新作登場! 8月23日予約受付開始!

800ブランド8,000種類以上の商品を取り扱う法人・団体向けのお弁当宅配&ケータリングの総合インターネットモール「ごちクル」を運営するスターフェスティバル株式会社(本社:東京都渋谷区、代表:岸田祐介)は、東京ミッドタウン内 名店の味をお弁当で楽しむことができるお弁当店舗「HAL YAMASHITA東京」にて、8月23日より新商品「黒竹(くろたけ)」の注文受付を開始いたしました。

3004e8aa4d



「HAL YAMASHITA東京」は、2015年10月に「ごちクル」モール内にオープンしたお弁当店舗。世界からトップシェフとして認められた山下春幸氏が創りあげるレストラン「HAL YAMASHITA東京」の料理を、手軽に楽しむことができます。オープンして以来、会議・研修用から大切なおもてなしの場面まで、幅広いビジネスシーンでご利用いただいてきました。8月26日より新たに予約受付を開始する「黒竹」は、より多くのお客様に「HAL YAMASHITA東京」のお料理をお召し上がりいただきたいという思いから生まれた1品。お客様企業のさまざまなご予算により細かくお応えできるように、これまで提供してきた「赤松」(税抜2,000円)、「五葉松」(税抜1,800円)、「虎竹」(税抜1,100円)の3商品とは異なる価格帯、1,500円のお弁当の提供を始めました。

「HAL YAMASHITA東京」のお弁当の特長といえば、東京ミッドタウンをはじめとする「HAL YAMASHITA東京」のお店の世界観を細部にまで徹底して表現した点にあります。お弁当の容器は、お店のテーマカラーやお皿の模様をモチーフとしてデザイン。お弁当の名前「赤松」「五葉松」「虎竹」「黒竹」も、お店のコースにちなんで名づけられました。
「お店まで足を運ばなければ食べられなかった料理を、世界観も含めてより多くの人に味わってほしい」。この思いは、新商品「黒竹」にも込められています。ごはんの上の「銀鮭の味噌漬焼~山椒風味~」には、レストラン「HAL YAMASHITA東京」で提供される山椒を使った料理やソースをもとに山椒の味付けを考案。鮭のやわらさや、ほかの食材とのバランスを考えて塩味のバランスを調整するなど、山下シェフとスターフェスティバルの商品開発スタッフが何度も試作を重ねて、開発しました。
「HAL YAMASHITA」:【URL:https://gochikuru.com/1313/
お届けエリア:東京都(※一部エリアを除く)
お届け可能時間:10:30~17:00(※エリアによって異なります)
価格:1,500円(税込1,620円)
■「HAL YAMASHITA東京」山下春幸 エグゼクティブシェフについて
東京ミッドタウン「HAL YAMASHITA東京」/「NADABAN神戸元町」オーナー兼エグゼクティブシェフ。2010年4月に世界のトップシェフが集まる美食の祭典ワールドグルメサミット(シンガポール)に日本代表マスターシェフとして参加、世界ベストシェフに。2012年の同サミット(アブダビ)でもマスターシェフに連続選出される。素材の命や息吹を最大限に生かすことで、世界から注目されている。「私の料理は究極の引き算」「日本の心を料理に」を哲学に、ニューモダン・ジャパニーズの美食を提唱し続ける。自身のレストランの他、WFP国連世界食糧計画顧問や神戸大学大学院経営学研究科講師、岐阜県食観光特使を務めるほか、熊本地震のチャリティー活動や、「旅するレストラン」新宿ニューマンの屋上でグランピングテント内でのレストランを提案するなどパワフルに活動している。
おすすめ