東京都や神奈川県、千葉県など関東圏のイベント・出来事・これからのことなどを取り上げ、紹介し、情報を提供
d]AtBGCg

アイスバー×フルーツカクテルで暑い夏も乗り切れる!  リオデジャネイロ発“Cool”なカクテルが日本初上陸

ヴァリュー23(所在地:東京都中央区、代表取締役:佐藤 尚之)が運営する、シュラスコ レストラン「Super Bacana(スーペル バッカーナ)」では、2016年7月に、リオデジャネイロで大人気のカクテル『カイピレ(Caipile)』の提供を開始いたしました。『カイピレ』はこれまで日本では提供されておらず、当店の取扱いにより初上陸しました。

LL_img_107142_1



■『カイピレ』とは?
「カシャッサ(Cachaca)」と呼ばれる蒸留酒と、ライムで作られたブラジルの代表的なカクテルを、「カイピリーニャ(Caipirinha)」と呼びます。ライム以外のフルーツを使ったカクテルは「カイピフルッタ(Caipifruta)」と呼ばれ、この「カイピフルッタ」に、「ピコレ(Picole)」を入れたカクテルが『カイピレ』です。「ピコレ」とはブラジルでアイスバーのこと。つまり『カイピレ』とは、アイスバーの入ったフルーツカクテルです。
「ピコレ」入りのカクテルは、暑いリオデジャネイロのカリオカ達に大人気。夏におすすめのカクテルです。

■3種の『カイピレ』を提供!
スーペル バッカーナでは、2016年7月から“アバカシ(パイナップル)”“ココナッツ”“マンゴー”の3種の『カイピレ』をご提供します。
また、シャンパーニュに「ピコレ」を入れた『ピコレ コン シャンパーニュ(Picole com champanhe)』も新たに登場します。

カイピレ:各¥1,100
アバカシ(パイナップル)/ココナッツ/マンゴーがあります
ピコレ コン シャンパーニュ:¥1,500

■進化したシュラスカリア『スーペル バッカーナ』
『スーペル バッカーナ』は、シュラスコ文化を紹介する「バッカーナ」ブランドの復活によりオープンしました。
店内にシュラスコマシーンを設置するだけでなく、オリジナルのグリルでも調理。客席からは焼き上げる様子が見えるため、訪れる人の食欲をそそる、シズル感たっぷりのレストランとなっています。
また、肉の美味しさにこだわり、定番のピッカーニャ(イチボ)やアルカトラ(モモ)、クッピン(コブ肉)はもちろん、ブラジルの最新シュラスカリアで人気がある、希少部位のパレッタ(ミスジ)など、今まで日本のシュラスカリアでは見られなかった部位もご提供します。
リオデジャネイロより、数々のシュラスカリアで腕を研いたシュラスケイロも招聘しています。

■店舗概要
店名    : Super Bacana(スーペル バッカーナ)
業態    : シュラスコ レストラン
開店    : 2016年7月6日
営業時間  : 月~金ランチ  11:30~15:00(LO.14:30)
土日祝ランチ  11:30~15:30(LO.15:00)
月~土ディナー 17:30~23:00(LO.22:00)
日祝ディナー  17:00~22:00(LO.21:30)
場所    : 東京都中央区銀座2-5-19 PUZZLE銀座10F
運営    : ヴァリュー23株式会社
席数    : 84席
客単価   : ランチ 1,500円、ディナー 7,000円
ホームページ: http://superbacana2519.wix.com/bacana

おすすめ