流星と反射光の体験型インスタレーションが誕生『NIHONBASHI-星降ル森』開催 大切な人と“思わず手を繋ぎたくなる”ロマンチックな演出も

2017年12月8日(金)~2018年1月8日(月・祝)
昨年より実施エリアを拡大し、福徳の森・日本橋三井タワー1Fアトリウム・仲通り・コレド室町1で開催

三井不動産株式会社(以下、三井不動産 本社:東京都中央区、代表取締役社長 菰田正信)と株式会社バスキュール(以下、バスキュール 本社:東京都港区、代表取締役社長 朴正義)は、日本橋エリアで、実際の流星とリアルタイムで連動し変化する光の演出とミラーボールで装飾された空間が生み出すインスタレーション・アート『NIHONBASHI-星降ル森』を、12月8日(金)から開催いたします。

【NIHONBASHI-星降ル森 イベント概要】
■流星×テクノロジー×ミラーボール 流星をリアルタイムで体感できるシステムとアート集団のコラボレーション
『NIHONBASHI-星降ル森』は、日本を代表するインタラクティブクリエイティブチームであるバスキュールと、世界のカルチャーシーンからも注目される、光と反射の空間作品を創りだすアート集団「MIRRORBOWLER」が初めてコラボレーションした体験型アートイベントです。バスキュールが開発したリアルタイム流星観測システム「Meteor Broadcaster(メテオブロードキャスター)」が流星を検知すると、会場に設置された複数のムービングライトがその流星の大きさや発生時間の長さに応じて、光を変化させます。ミラーボールで構成された大きな「シンボルツリー」が流星と連動する光に照らされ、ミラーボールと流星が共鳴しあう、誰も見たことのない幻想的な空間を創り出します。

■“思わず手を繋ぎたくなる”スポット 手を繋いだ人たちに流星が降り注ぐロマンチックな演出
福徳の森敷地内には「ペアオブジェ」を設置し、訪れたカップルや家族などに向けたロマンチックな光の演出を予定しています。流星の到来時に手を繋いでいる場合や、親密度によって演出が変化する仕掛けも。

■実施エリアを4箇所に拡大 日本橋の各所で流星を体感できる
今回は実施エリアを拡大し、昨年の「福徳の森」に加え、「日本橋三井タワー1Fアトリウム」では、天井の高さを活かした「星降ル森-Starfall」を装飾。さらに「仲通り」や「コレド室町1」など、日本橋エリアの各所で流星をテーマにした様々な空間演出をお楽しみいただけます。

本イベントを展開する12月から1月は年間で最も流星が降る時期であり、「NIHONBASHI-星降ル森」開催期間中には「ふたご座流星群」「こぐま座流星群」「しぶんぎ座流星群」と3つの流星群が到来します。日本橋エリアで楽しめる「流星×テクノロジー×アート」が創り出すロマンチックな空間をお楽しみください。
【「NIHONBASHI-星降ル森」実施概要】
期間:2017年12月8日(金)~2018年1月8日(月・祝) 17:00~22:00 ※最終日21:00まで
開催場所:福徳の森、日本橋三井タワー1Fアトリウム、仲通り、コレド室町1
主催:三井不動産株式会社・株式会社バスキュール
WEB:「まち日本橋」内予告ページ
http://www.nihonbashi-tokyo.jp/special/hoshifurumori
問合せ先 :日本橋案内所TEL 03-3242-0010 (開催期間中 10:00~21:00)