『東京トリックアート迷宮館』が4月7日リニューアル  “華やかな江戸の彩”をコンセプトにスケールアップ!

“TrickArt(トリックアート)”を創造し、企画・制作を行っている株式会社エス・デー(本社:栃木県那須郡、代表:清水 弘)は、デックス東京ビーチ(東京都港区台場)内 アイランドモールにて運営する『東京トリックアート迷宮館』をシーサイドモールに移設し、2017年4月7日(金)にリニューアルオープンいたします。
約15%の増床を行い、名作から最新作まで54作品を展示。“華やかな江戸の彩”をコンセプトに、日本発祥の体験型アート施設が更に進化いたしました。





■リニューアルについて
『東京トリックアート迷宮館』では2011年の開館以来、“江戸”をテーマにしたトリックアートの世界を、累計100万人を超える方々に楽しんでいただいております。今回のリニューアルでは「江戸テーマゾーン」を更にスケールアップ。“華やかな江戸の彩”をコンセプトに、更に魅力ある施設へ生まれ変わります。館内では花魁道中やお祭りなど、町民達によるユーモアたっぷりの世界が広がり、国内はもとより、海外の旅行者の記念撮影スポットとしてお楽しみいただけます。

また、「トリックアート名作ギャラリー」では近年取り組んでいる新しい仕組み・トリックの作品を多数展示し、今後の”トリックアート”の方向性と魅力をアピール。日本発祥の体験型アートが更に進化する姿をご覧いただけます。

『東京トリックアート迷宮館』
http://www.trickart.info/

<リニューアル内容>
1.約15%増床
2.すべての作品を入れ替え ※数点を除く

■作品構成
1.江戸テーマゾーン
入口は華やかな江戸の町をイメージ。花魁道中やお神輿など色彩豊かな作品を揃え、相撲部屋・大八車といった、親しみやすいモチーフの作品も多数配置しました。後半の「愉快な忍者とお化けゾーン」からは、忍者や日本の愉快なお化け達が登場。様々なトリックが仕掛けられている迷路のような作りになっています

2.トリックアート名作ギャラリー
“トリックアート”の過去の名作から最新作まで、人気作品を集めて展示します。新しい仕掛け・トリックを入れた作品を展示していますので、“トリックアート”の進化を感じることができます。

■『東京トリックアート迷宮館』について
5つのエリアで、様々なトリックアートと世界感をお楽しみいただけます。不思議で楽しい写真を撮影したり、錯覚を実際に体験したり、トリックアートの楽しみ方は人それぞれ。手書きの作品ですが、実際に触ることもできます。