横浜赤レンガ倉庫 開館15周年 横浜赤レンガ倉庫には、温もり(♡)、輝き(☆)、驚き(!)、賑わい(♪)が溢れている!節目となるこの1年、事業コンセプトである「港の賑わいと文化を創造する空間」と「感謝」を掲げ、様々な企画を展開

近代港湾発祥の地である新港ふ頭に、旧大蔵省の保税倉庫として建てられた横浜赤レンガ倉庫。当時の最新技術を導入し、2号倉庫は1911(明治44)年、1号倉庫は1913(大正2)年に創建されました。その後、関東大震災による1号館の一部倒壊、第二次世界大戦後の米軍接収時期を経て、貨物のコンテナ化が進む中で、近代化が進んだ本牧ふ頭などにその役割を譲り、1989(平成元)年に倉庫としての役割を終えました。




1992(平成4)年、貴重な歴史的資産として横浜市が国から取得。
横浜市と㈱横浜赤レンガ及び(公財)横浜市芸術文化振興財団を事業主体とした官民のパートナーシップで、2002年4月12日に文化・商業施設としてオープンしました。
この「官民パートナーシップ」の取り組みは、国内外からも注目され、2010(平成22)年には日本初の「ユネスコ文化遺産保全のためのアジア太平洋遺産賞」優秀賞を受賞しました。

15周年では、賑わい空間をともに創造して頂いている多くのお客様、また事業に携わる横浜市や関係者の方々に感謝の気持ちをお届けします。

<15周年記念ロゴマークの決定>
横浜赤レンガ倉庫には、温もり(♡)、輝き(☆)、驚き(!)、賑わい(♪)が溢れています。当施設の特徴であるこれらのマークを使い、コミュニケーションを図ります。マークでは、青い空と横浜赤レンガ倉庫を表現しています。

<15周年施設トピックス>
1. 無料無線LANの運用開始
2号館1階ピクニックコートにて、2月下旬より無料無線LANの運用を開始します。

2. 館内販促情報

3月17日~4月23日に、15周年アニバーサリー館内販促“Red Brick Easter”を開催します。

 

3. テナント催事情報
2月16日~5月15日の期間限定で、日本の銘品を扱うセレクトショップ『DEATTA』が初出店!

 

DEATTA店舗イメージDEATTA店舗イメージ

4. 施設ホームページのリニューアル
9月公開予定。

<年間イベントスケジュール>
15周年を迎える横浜赤レンガ倉庫では、年間を通じて様々なイベントを実施予定です。
●NAKANIwA~FLOWER GARDEN 15th anniversary~
・期間、場所:3月31日~4月23日 イベント広場
・概要   :広場にナチュラルガーデンが登場。

●ヨコハマフリューリングスフェスト2017
・期間、場所:4月28日~5月7日 イベント広場
・概要   :移動遊園地や飲食ブースが登場するゴールデンウィークのイベント。
●レッドブリックパラダイス2017
・期間、場所:7月下旬~8月下旬 イベント広場
・概要   :暑い夏を楽しむための中南米をテーマにしたイベント。
●横浜赤レンガ倉庫リニューアル15周年記念
CRAZY KEN BAND 20TH ATTACK! CKB[攻]Presented by NISHIHARA SHOKAI
・期間、場所:9月2日 野外特設ステージ
・概要   :クレイジーケンバンド結成20周年記念スペシャルライブ決定!
●横浜オクトーバーフェスト2017
・期間、場所:9月下旬~10月中旬 イベント広場
・概要   :恒例のドイツのビール祭り。
●クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫
・期間、場所:11月下旬~12月下旬 イベント広場
・概要   :ヨーロッパのクリスマス市を彷彿させるクラシカルなクリスマスマーケットを開催。
●Art Rink in 横浜赤レンガ倉庫
・期間、場所:12月上旬~2月中旬 イベント広場
・概要   :アートとアイススケートのコラボレーション。
●鍋小屋2018
・期間、場所:2018年1月下旬 イベント広場
・概要   :演歌が流れる横丁の雰囲気の中で、鍋料理が楽しめるイベント。
●ヨコハマストロベリーフェスティバル2018
・期間、場所:2018年2月上旬 イベント広場
・概要   :“イチゴ”をテーマに、スイーツや雑貨が集結するイベント。