全国の若者が自分の地域の30年後を語る「未来自治体全国大会2017」開催!2017年1月中旬から3月18日(土)まで、全国の若者によるまちづくり政策コンテスト【未来自治体全国大会2017】を実施

NPO法人ドットジェイピー(本部:東京都千代田区・理事長:佐藤大吾)は、2017年1月中旬から3月18日(土)まで、全国の若者によるまちづくり政策コンテスト【未来自治体全国大会2017】を実施致します。全国の市区町村から約170名の学生が参加する国内最大級の政策立案コンテストです。3月18日の決勝コンテストでは全国から勝ち上がってきた代表チームが集い、「30年後、日本一住みたいまち」を決定致します。コンテスト期間は1月中旬から3月18日(土)までの約2ヶ月間。地域ごとの代表チームを決定する地域予選、地域予選を勝ち上がった代表チームによる二次予選を経て、決勝コンテストの出場チーム4チームを決定致します。決勝コンテストは3月18日(土)に国立オリンピック記念青少年総合センター(〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3-1)にて開催致します。

czMjYXJ0aWNsZSM0NTY2NiMxNzYzMjIjNDU2NjZfd1haYXJpRWF6QS5wbmc




▼未来自治体全国大会とは
若者が「もしあなた首長だったら」というテーマのもと、30年後の地域ビジョンを掲げ、それを実現するための政策と予算を提案する日本最大級の地域デザインコンテストです。「若者らしい斬新かつ、現実性を備えた夢」をコンテスト形式で競い合います。コンテストには全国の市区町村から約170名の学生が参加し、3月18日の決勝コンテストでは全国から勝ち上がってきた代表チームが集い、「30年後、日本一住みたいまち」を決定致します。日本一住みたいまちのプランを競い合うことで希望ある地域の未来を創造します。

▼コンテストの流れ
コンテスト期間は1月中旬から3月18日(土)までの約2ヶ月間のコンテストとなっており、コンテストのスタートを切るキックオフイベントや、中間発表・政策のブラッシュアップを兼ねたハーフタイムイベントを通して、出場者に対して、政策立案に関する知識のレクチャーなどを実施し、各チーム毎に想い想いの政策を練りあげてもらいます。
その後、地域ごとの代表チームを決定する地域予選、地域予選を勝ち上がった代表チームによる二次予選を経て、決勝コンテストの出場チーム4チームを決定致します。決勝コンテストは3月18日(土)に国立オリンピック記念青少年総合センター(〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3-1)にて開催致します。なおコンテスト出場者も公式サイトにて受け付けております。(〆切は1月18日(水)迄)本コンテストに関する詳細は公式サイトをご参照ください。

▼公式サイト
http://zenkokutaikai2017.miraijichitai.com/